Research Artisan
『3月 9日の夕ご飯。』
201739-2.jpg

バチ鮪のお刺身、お味噌汁,アナゴ天,ハタハタのほぐしたやつ、レンコンサラダ、大根の煮物。

バチ鮪の夕ご飯。

お刺身が苦手な夫には,ハタハタを焼いた。

ちょっと焼けすぎて見た目が悪いのがあったので、ほぐして食べました,うまうま。

アナゴ天は、てんぷらじゃなくって練り物。

長女の広島土産、うまうま。

この日、テレビでやってたのを録画しておいた映画「告白」を見た。

原作は読んだことあったんだけど、映画は初見。

湊かなえの、イヤミス感が全体にちりばめられた

面白いんだけど、後味の悪い作品、こういうの嫌いじゃないんだ。

原作を読んだとき、「うわーーー(゚д゚)!」てドキドキしたんだけど

やっぱり映像化されるとよりリアルで怖さ倍増でした。

中島哲也ワールドと湊かなえワールドが掛け合わさると

イヤミス感がパワーアップして迫力倍増でした。

私も子供を持つ母なので、どうしても主人公に気持ちに寄り添った見方をして

とんでもなくひどいことをしている主人公のことを

ひどい人には感じられなかった。

そう思わせるのは、松たか子さんの女優力なんだろうなあと感じました。

あとね、橋本愛ちゃんが、めっちゃかわいかった。

めろたんとれの。
201739.jpg

この日、ミューが怪我をした。

ミューは、午前中は、義父の暮らす階下にいます。

午後、私と、にゃんずが迎えに行きます。

(迎えに行くといっても、2世帯住宅なので、階段を下りるだけなんだけど。)

この日、1階から2階に上がるときに、れのが1階に置いてあったビニール袋を齧ろうとしたのです。

それを見た義父が、れのが齧るのを止めようとして

ものすごく大きな足音を立てて威嚇したのです。

その音にびっくりして、2階に走り出すにゃんず。

義父の立てた音にびっくりして驚く仲間たちにびっくりして

猛ダッシュで階段を駆け上がったんだけど、ミューは,焦りすぎて

足の小指と薬指の間をどこかに引っ掛けたらしくて流血してしまいました。

血を流しながら走り回るので

(びっくりが止まらなくて、止まれなかったみたい。)

何とか抱っこして,足を拭いてあげました。

みんな、茫然とした様子だったので、チュールをあげて落ち着かせました。

なんとなく落ち着いたけど、いつもとは違うにゃんずでちょっと心配したけど

夕方には、落ち着いた様子でした,よかった。

義父には何度も

「猫は大きな音が嫌いだから、大きな音を立てないで。」

と伝えてるのに、こういうことがあると本当に嫌になります。

でも、この前佐藤愛子さんの「90歳。何がめでたい。」を読んだときに

90歳は、だいぶ聴覚が衰えてるから日常の音も

私たちとは聞こえ方が違うと書いてたので

義父の立てる大きな足音は、義父にとっては、そんなに大きく感じていないのかな?と思いました。

でも、大きな音はやめてほしいなあ、怪我しちゃうのは困るよ・・・。

告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)

渇き。 プレミアム・エディション(2枚組+サントラCD付)[数量限定] [Blu-ray]

MATSU TAKAKO SINGLE COLLECTION 1999-2005



スポンサーサイト
【2017/03/10 09:34】 料理 | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム |